レーシックとは

近視の人に最適な手術

視力が低い人の多くは、裸眼で生活をせず、眼鏡やコンタクトをして生活をしています。しかし、そういった人の中には、「眼鏡やコンタクトで視力を調整するのはもう嫌だ」という思いを抱えている人もいるでしょう。そういった人は、東京を始め、様々な眼科で行われている、視力を回復する手術を受けてみてはいかがでしょう。眼科で行われている手術にも様々なものがありますが、その中の一つに、レーシック手術というものがあります。視力が見えない原因には、近視や遠視など複数の要因がありますが、レーシック手術は、その中でも近視を治療する方法として注目されています。東京の眼科を始め、全国の様々な眼科で行われているレーシック手術。では、このレーシック手術とは、一体どのような治療なのでしょう。ここでは、その内容や、どうして近視になるのか、などについて紹介します。

レーシック手術とは

レーシック手術は、目の「角膜」という部分にレーザ光を照射することで、視力を矯正するという手術です。何故、角膜にレーザー光を照射するのかというと、角膜の屈曲率を変えなければならないからです。近視には2タイプありますが、レーシック手術で治療する近視のタイプは、軸性近視というものです。軸性近視は、眼の中にある「眼軸」という部分が縦長に伸びてしまったことが原因で起こる近視のことで、このタイプの近視になってしまうと、網膜に映像を写すことができず、近くのもの以外見えなくなってしまいます。一旦眼の眼軸が伸びてしまうと、正常な状態に戻すことは難しいので、角膜を削って屈折異常を矯正し、近視を治療するのです。このように、角膜を削ること、がレーシック手術の主な治療内容です。しかし、削るといっても、角膜をそのまま削り取ってしまう訳ではありません。レーシック手術では、角膜を削り、「フラップ」というものを作ります。フラップとは、角膜を切開する時にできるフタのことです。このフラップをめくり、レーザー光を照射しフラップをまた眼に戻すのです。レーシック手術に興味がある人の中には、「一度削った角膜はどうなってしまうのだろう」と削った後の角膜が気になる人もいると思いますが、一度削った角膜は、また元のように自然に定着するので、フラップができたままの状態になってしまうということはありません。そのため安心です。東京の中には、レーシック手術を行っている眼科が多数点在しているので、自宅から近い眼科で手術を受けることも可能です。そのため、近視に悩んでいるという東京の人は、ぜひ一度眼科を受診してみてはいかがでしょうか。