近視になる原因

近視のタイプ

近視であったとしても、東京の眼科へ受診すれば、レーシック手術などの治療で症状を改善させることができます。そのため、心配することはないのですが、「何故近視になるのか」その理由や、自分の近視のタイプなどを知っておけば、後々東京でクリニックを決めたりする時や、自分が受けるべき施術などを判断する際に困りません。そのため、ここでは、近視のタイプや、近視になる原因などについて紹介していきます。

近視の原因

まずは、近視のタイプから紹介していきます。
近視には、「軸性近視」と「屈折性近視」と2タイプの種類があり、レーシック手術で治療されるのは前者のタイプの近視です。眼球内にある縦軸という部分が伸びてしまうことが原因の近視であることから、こういった名称が付けられています。通常、近視というとこのタイプを指すと言われており、この近視になると生活改善などで改善することはできません。そのため、このタイプの近視になった場合、眼科などで受診し、上記のようにレーシック手術などで治療を行う必要があります。対してもう一つのタイプ、屈折性近視は、仮性近視ともいわれ、一般的には直るタイプの近視とされています。屈折性近視は、眼の中にある「水晶体」という部分が膨らんだままになってしまうことが原因で起こります。水晶体とは、眼の中でレンズのような役割を果たしているもので、凸レンズのような形をしています。この水晶体は、通常、膨らんだり薄くなったりして、物を見るためにピントを合わせるのですが、近視になってしまった場合、上記のように膨らんだままになってしまうので、ピントを調節することができなくなってしまいます。しかし、こうして水晶体が膨らんでしまうのは、水晶体が緊張状態であることが原因なので、その緊張状態さえ解ければ、近視の症状は回復し、元通りに戻ります。このように、屈折性近視は、一時的な近視なのです。レーシック手術を行わなければ治療できない軸性近視とは異なり、この近視は、「ミドリン」や「サンドール」といった目薬で治療することができます。

近視になる原因としては、「遺伝」や「近くを見過ぎること」などが挙げられます。前者の場合は、軸性近視に言えることです。遺伝性の近視でなかった場合、後者が原因ということになります。後者は、スマートフォンや携帯などの電子機器のみに言えることではありません。読書をする時なども、気をつける必要があります。このように、近視となる原因には上記のようなものが挙げられます。今から近視を治療しようとしている人はもちろんのこと、まだ近視でないという人も、原因を知って、疾患を引き起こさないようにすることが大切です。万が一なってしまった場合は、早めに東京の眼科へ受診することが大切です。東京には、レーシックの評判が高い眼科も複数存在するので、満足度の高い治療をすることができます。